よくある質問

整形外科と整骨院では、どうちがうのですか?

整形外科は医師であり、整骨院は柔道整復師です。
医師は、大学医学部で6年間勉強しその後、医師国家試験合格しなければなれません。
一般的には各科(内科・外科など)を研修しその後、専門科目(整形外科)を選択し、大学病院をはじめ病院で臨床経験を積むことになります。
医師以外が、医療行為を行うことは、法律で禁じられています。したがって、検査(レントゲン)・投薬・注射などの診察行為を行うことが出来ますので、まずは痛みの原因を見つける意味でも病院(医院)での診察をお薦めします。
柔道整復師は3年以上国が認定する専門学校で勉強し国家試験に合格しなければいけません。
基本的に、打撲、捻挫、肉離れ、骨折、脱臼の施術(医療行為ではありません)をする者の正式名称です。
視診と触診により診断しますので正確な診断が出来ない場合があります(骨腫瘍、関節症など)。
まずはレントゲンや検査などを用い正確な診断が下せる医療機関(病院・医院)での診察をお勧めします。

どのような病気をみてもらえるのですか?

整形疾患全般です。
当院では、慢性疾患(腰痛・肩こり・関節炎など)や骨折・捻挫等の一般整形の分野からスポーツ整形、リハビリテーションや交通事故・労働災害などおこなっています。詳しくはこちらをご確認下さい。:当院のご案内

混雑する曜日・時間などありますか?

月曜日と金曜日の午前中は比較的に混み合います。
また、その他の曜日でも11時前後・17時前後は混雑する傾向にありますので、開院時間の9:00までに受付されることをお薦めします。

予約診療は出来ますか?

いいえ、当院は予約診療は行っておりません。受付順になります。
ただし、リハビリテーション(個別リハビリを含む)は、専門スタッフが付き添い行いますので、計画日程に基づきあらかじめ日程を調整させて頂きます。

個別リハビリテーションとは、どのようなものですか?

当院が行う個別リハビリテーションとは、医師の診断のもと、検査と理学療法士による機能評価を行い、疾患や症状また生活状況も踏まえ、医師・理学療法士・看護師等チーム一丸で訓練内容を検討し実施していきます。

骨粗鬆症の方って多いんですか?

はい、全国で約1100万人です。
そのうち900万人の方は未治療とも言われています。骨粗しょう症は自覚症状があまりありませんので、発見が遅れると怖い病気でもあります。当院では、手関節の骨量を測定します。尿検査を併用する事でより精度の高い診断が可能です。
詳しくはこちら:骨粗鬆症について

最近、肩から肩甲骨の辺りまで痛みがあるのですが、肩こりからくるものでしょうか?

一度、整形外科での診察をお薦めします。
痛みに関しては、単なる血行障害や筋肉痛によるものもあれば、頚部圧迫などによる神経系など色々な原因が考えられます。まずは、専門機関でその原因を見つけそれから適正な治療を行うことが必要です。

交通事故の治療や診断もできますか?

はい、可能です。
自動車保険や保険会社の請求(治療費)を行うには、手続きが必要です。警察へ届出を出し、保険会社へ受診する医療機関へお知らせください。また、医療機関の窓口へご来院またはお電話にてその旨 お申し付け下さい。

通勤途中や勤務中にケガをしたときは労災保険が使えますか?

はい、ご利用いただけます。
労働災害には、通勤途中や勤務中のケガと疾病など適用されます。また、アルバイト・パート・派遣社員への適用も認められておりますので、お気軽にご相談下さい。

PAGE TOP