正しい枕の高さは知ってますか?

枕は頭や首の位置を適正に保つのに必要です。座っている時の首のカーブを維持するような高さの枕を選ぶことが基本です。首は座っている時は前後方向はまっすぐ、横から見るとゆるやかに前にカーブしています。寝ていてもこの位置を保てるように枕の高さを考えましょう。

余り枕の高さが高いものは首に負担がかかります。また低いものあるいは枕なしでも首に負担がかかります。自分に合った適正な高さを考えましょう。

枕の硬さも大切です。余り硬いものは頭への圧迫が強かったり高さの調節もむずかしくなるのでよくありません。また余り軟らかいものは寝ている時の上下動・振動があるのでかえって首が痛くなりやすいと言えます。自分にあった適正な硬さのものを選びましょう。

枕の数も大切です。場所は取りますが3つか4つあるいはそれ以上の枕を用意して夜中に寝返りで目が覚めた時、枕を重ねたり縦にしたり横にしたりして調節しましょう。痛いまま寝ると朝起きた時寝違えで起きれない原因になります。寝相の調節は誰でも無理です。枕の高さを微調整しましょう。

また値段が高いものを選ぶ必要は全くありません。値段に惑わされず自分に合った高さと硬さの枕を選びましょう。

特に痛い時期は首のカラーを付けて寝ることも有効です。
部屋の温度をきちんと考えておけば意外に邪魔にならず眠れるし、痛いまま安眠できないよりずっとかマシです。人生の三分の一は寝ているのです。しっかり考えましょう。

PAGE TOP